HOME > インフォメーション 道の駅茶の里東白川

過去情報一覧

おばんざいサラダバー大好評!田舎の味満載

2016.04.17

無添加レストランおいしい自然工房CAFEのメニューが春バージョンに変わりました。
大きく変わった点は、農家の味、田舎の味を季節の旬の素材を生かし味付け調理した
おばんざいサラダバーが定食・カレーについたことです。その分料金が少し上がり
ましたがボリューム感満点。ごはんもお代わり自由です。

主役は、村のおばあさん、おばちゃんたちです。
無添加調味料にこだわり素材は、茶の里ファームの有機野菜や、有機、無農薬栽培の
新鮮産直野菜を使ったサラダバーで村の野菜の美味しさを味わってもらいと始めました。

人気のおばんざいは、裏の茶の里工房で製品化し店で販売していきたいと考えています。
詳しい新メニューは、ホームページのおいしい自然工房CAFEをご覧ください。
セットでなくても200円で追加できます。
2016_0408_改訂アレルギー_メニューブック_A4-01
サラダバー抜き1 サラダバー抜き2

年に一度 茶蔵園一押し「自家用茶」の予約申込開始

2016.04.10

茶期を前に事前予約を受け、まとめて仕入れするからできる、製造直売ならでは超お得な
お茶「東白川村の自家用茶」の予約申し込みを開始しました。
期限は4月30日です。 お友達、ご親戚の皆さんにぜひ「美味しいお得用茶知ってる!!」
とお声を掛けてください。知らなきゃ損損!
2016_自家用茶_チラシ03

2016_自家用茶_チラシ03

4月9・10日白川街道 桜満開!道の駅周辺も見頃

2016.04.09

週末は天気が良いようです。
一雨降って桜のピンクも鮮やかに満開です。41号線から白川街道を北進して
ください。清流白川沿いの桜と清流のコントラストがとてもきれいです。
道の駅茶の里から徒歩で2分の瀬音公園の桜もとてもキレイです。
桜、白川そして対岸の越原神社をカメラアングルに納めました。
なかなかいいものです。 ぜひ、桜見に合わせて神社参拝と散策おすすめです。
さくらと神社
さくら1

何と4月5日ワラビ初出荷 今年の山菜メチャ早い!

2016.04.09

例年は4月後半に出荷されるワラビは、今年はこの4月5日に初出荷されました。
驚きです。ミネラル豊富な柔らかくて美味しそうなワラビです。相当早いので霜の被害が心配されますが、一足早い春を見つけにお出掛けください。

ホウレンソウ、小松菜、春菊、ねぎな厳しい冬を越えたミネラル豊富な野菜が量は
少ないですが出ています。
バーコードに貼った緑シールが、有機の目印、青は無農薬、減化学肥料、無印は、
慣行栽培の農薬、化学肥料7割減です。どれも安心で美味しいいきいき野菜です
野菜4.8全体原木椎茸、わらび4.8わらび16.4

野山の草木に春を気配を感じる4月 白川街道へ花見にどうぞ

2016.04.02

このところ昼夜を通して気温差がなく昼間は暖かな日続いています。
里山にも桜の開花がチラホラ見られるようになりました
村で一番最初に咲く中学校のソメイヨシノは2〜3分咲きとなり、入学式は満開で
新入生を迎えてくれるでしょう
白川町水戸野のシダレ桜も3分咲きくらいになってきました。夜はライトアップもされ
とても幻想的です。

4月10日前後には白川街道を北進するように桜前線が進みます
清流白川と桜のコントラストがとても素敵です道から川が近いので沿線20㎞以上につづく街道の桜を眺めながら
「道の駅茶の里東白川」でホット一息

この春おすすめの春うららの試飲を出させていただいています
IMG_1099

3/20 ピンヒレあまご8匹ゲット 活性上がる!

2016.03.20

尾方さんから凄い釣果メール届きました。
何とリリース多数ながら8匹ゲットしかも20㎝越えの良型サイズ
さすがですね。ちゃんと白川にアマゴはいますよ。
コメントいただきました
 原文のまま紹介します

「本日午前、加子母最下流部。時間が無くて立ち寄れなかったですが、
本日分を水槽に入れたかったですね。
型よくなりました!
増水でもカワムシの方が食いがいいです。でもタモ無くしたのでミミズ主体でした。」
あまご7 あまご5 あまご6

中日新聞2/26 ジビエシュラスコ掲載されました

2016.02.27

新聞記事

シュラスコ

本格 抹茶入り煎茶「春うらら」お試しください 発売開始

2016.02.11

茶の里会館のこの季節おすすめは茶は、春を待つ抹茶入り煎茶の「春うらら」です。
今年は、京都宇治の老舗から石臼ひきの高級抹茶をブレンドしました。
一味違った色合いと移り変わる味と風味をお楽しみください。
茶の里謹製の有機紅はるか「鬼まんじゅう」をぜひお茶請けにおすすめです。
土日数量限定販売です 
IMG_2554 image2 

昔ながらの手づくり”こんにゃく”本日からお試し価格販売!

2016.02.03

昔ながらのワラ灰の灰汁汁(あくじる)を凝固剤に使った
 自然風味東白川村の手づくりこんにゃくを商品化しました

茶の里工房謹製の特別な商品「昔ながらの手づくりこんにゃく」は2個入り500円
で販売していますが、おでんや鍋のおいしいこの季節に、ぜひお試しで味わっていただきたいと思い、本日から期間限定で2割引き販売致します。
ぜひ、この機会の気になっておられたお客様 ぜひお試しください。
生姜たまりでさしみでもいけますよ   

 

これまで一般的使われていた凝固剤は、精製ソーダですが、保健所の使用が認められて
いません。使用できる化学性薬品は炭酸ナトリウムか水酸化カルシウムです。

しかし、食感、食味ともにはっきり言って別物でありおいしくありません。
しかも薬品独特の味が風味を損ないます

そこで、こうした化学性の薬品に頼らず昔ながらのわら灰をつかった作りかたを、
80歳の
ベテランおばあさんに伝授いただき、感の部分を数値化しながら何度も
失敗してやっと納得のいく“
こんにゃく”ができあがりました。

食べ方は、もちろん生姜たまりでいただく“さしみこんにゃく”です。
手間がかかりすべて手づくりのためわずかな量しかできないので、少しお高い
ですが
味、食感ともに最高です。
希少なこんにゃくです。ぜひ一度味わっていただきたいです。
こんにゃく表 こんにやく裏

紅はるか100% 鬼まんじゅう 新発売!! 美味しいよ^^

2016.01.19

9月に収穫した今、最も注目度の高い“紅はるか”を100%使い、茶の里工房で加工した
自家製「鬼まんじゅう」を新作しました。もちろん茶の里ファームで農薬も化学肥料も一切使用せずEMなどの微生物と無投薬鶏の鶏糞など安全な有機肥で栽培した紅はるか
です。
収穫後、甘さと旨味がでるまで約4ヶ月半追熟させました。

鬼まんじゅうは、まず細かく切った芋を3%の塩水に一晩漬けてから砂糖をまぶし浸透圧を利用して芋の水分を抜きだし、小麦粉をまぶして蒸し上げます。
砂糖はもちろん種子島の南国糖を使っています。 芋も糖度が高いので砂糖がしみ込むことなく、芋本来の自然の甘さを楽しめます。でもたっぷりの蜜があるのでとっても甘いです。 芋を結着している小麦粉には南国砂がしみ込むためこの絶妙のバランスが女性にはたまらいようで、お茶請けにもおすすめです。

無添加なので賞味期限は製造から3日です。ぜひ、ご自宅用にお土産にいかがですか。
鬼まん写真 2016_鬼まんじゅう_縦看板&プライスカート 2016_鬼まんじゅう_縦看板&プライスカート

ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright © 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村