HOME > イベント情報 > 480年の歴史を育む大門茶 明日茶摘み 

480年の歴史を育む大門茶 明日茶摘み 

2017.05.17

東白川村の西の玄関口五加蟠龍寺後は、白川茶のルーツでもあるふるさと発祥の地です。
480年前蟠龍寺住職が京都宇治から茶の実を持ち帰り疫病で苦しむ村人にため薬用茶とし
て植え広めたのが大門茶です。その後、白川茶と改名され今に至ります。
毎年、感謝の思い表す祭事として、盤龍寺参道の石垣に今でも実生している在来種の新茶を
檀家の皆さんが手摘みされ12代の盤龍寺住職のお墓にお供えする儀式「献茶祭」を行って
います。その大門茶の手摘みが明日。18日に行われます。ボランティアで参加されませんか。


[ カテゴリー : イベント情報falseインフォメーション 茶蔵園 ]

ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright © 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村