茶の実

2017.08.26 | 投稿者名 :

道の駅茶の里の生け垣は茶の樹なのですが、
先日剪定しているときに「茶の実」を見つけました。

東白川村の茶業の歴史は、450年前(室町時代)に東白川村の五加地区ある
「蟠龍寺~ばんりゅうじ」というお寺に、当時の住職が宇治から茶の実を持ち帰って植えたことが
始まりと言われております。私たち東白川村で茶業を営む者としては、茶の実をみると感慨深い思いになります。
※「蟠龍寺~ばんりゅうじ」の話はまたの機会にお話させていただきます。

白川茶発祥の地(5月の風景)

そして実(じつ)は、道の駅茶の里に併設されている「美濃白川茶製茶工場 茶蔵園」のロゴは
茶の実をモチーフにしているのです!
覚えて頂ければ幸いです♪

茶の里に来てみると、いろいろなところに茶の実のロゴがちりばめられています。
その他茶の実画像と紹介します。

ご来店の際はぜひ探してみてください♪

    
道の駅茶の里の壁面の「茶の実」    茶の実

    
道の駅茶の里の看板の「茶の実」    茶蔵園の商品にも「茶の実」

    
店内にも「茶の実」          皮付きの「茶の実」
    
茶蔵園看板商品「清流」と「茶の実」 「茶の実」の中の油は美容に良いらしいです…


[ カテゴリー : インフォメーション 茶蔵園, インフォメーション 道の駅茶の里東白川, 茶蔵園(さくらえん) スタッフブログ ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright © 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村