HOME > インフォメーション 茶蔵園 > お茶の「オンザロック」の作り方

お茶の「オンザロック」の作り方

2017.08.23

残暑におすすめ!
水出し煎茶とは一味違う「冷茶」の楽しみ方をご紹介します!

今年の夏は水出しの緑茶が流行し、
多くの方が冷たくて甘みのあるお茶を楽しんだのではないでしょうか。
お店でお客様に水出し緑茶の試飲を出すと、
「お茶って水でも出るんだ!」「甘い!」「おいしい!」という声が多かったです。

この水出し緑茶ですが、大きめのボトルに茶葉と水を淹れて
2~3時間ほど抽出する作り方が一番知られていると思いますが、
他にもいろいろな冷茶の作り方があり、今回は急須を使う「オンザロック」を紹介させていただきます。

-お茶の「オンザロック」のつくり方-
①グラスに氷を入れます。
※氷の量は、お茶を注いだ時に溶けて無くならない量を調節してください。

②急須に茶葉を入れて、お湯は温かいお茶を入れる時よりも少なめの量をいれます。
濃いめのお茶を作ることがポイントです。
※お湯の温度と待ち時間は、茶葉の質を見てお好みで調整してください。
良質な茶葉でしたら、低温でじっくり淹れて旨味を味わったり、
熱めのお湯で香りと渋みを味わうのもおすすめです!

③氷の入ったグラスにゆっくりと注いでいきます。
※注ぐときは一気に注ぐのではなく、急須を何度もお辞儀をさせ、最後の一滴まで注ぎきってください。

④これで出来上がりです♪
2、3煎目は湯を注いで別の湯呑に注ぎ、温かいお茶を飲むこともできます。



暑いとき 涼しいとき

気分に合わせて

一つの急須でいろいろなお茶の楽しみ方があります。

ぜひお試しください!


[ カテゴリー : インフォメーション 茶蔵園falseインフォメーション 道の駅茶の里東白川false最新情報 ]

ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright © 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村