HOME > 最新情報

過去情報一覧

本場仕込みの“緑茶入 飛騨牛スープ水餃子”でお迎え

2015.12.06

道の駅茶の里の裏にある農産加工施設 “茶の里工房”では、加子母在住の中国人の周さんご夫婦にお願いして手づくり餃子を作っています。

餃子は、皮がキメテというほど大切な工程ですが、一般的には具はオリジナルでも皮は市販品が多いものです。
ここでは、皮から仕込み、具の材料は無投薬で飼育した飛騨旨豚の挽肉と茶の里農園で栽培している有機野菜を主に使用して無添加で手づくりしています。

この12月、名鉄観光の企画でドラゴンズパックツアーがあり暮れまでに12台のバスが
入ります。今回、特別に飛騨牛を使いさらに無農薬の粉末緑茶を練り込んだ特製スープ水餃子を出させていただきました。
特製焼肉のタレに自家製醤油麹と有機玉ねぎはどれも自然の甘みがありおいしいです。
もちろんスープも、飛騨旨豚の豚骨とEM無投薬鶏のガラからコラーゲンいっぱいの旨味を取出し作っています。 餃子の中にはこの煮こごりも入っており超豪華です。
この飛騨牛餃子は、残念ながら非売品です^^!

 

出来上がり餃子餃子1 餃子2           緑茶の自然な色がとてもキレイです

 

わら灰で作った田舎の手づくりこんにゃく販売

2015.12.06

昔ながらのワラ灰の灰汁汁(あくじる)を凝固剤に使った
 自然風味東白川村の手づくりこんにゃくを商品化しました

これまで一般的使われていた凝固剤は、精製ソーダですが、保健所の使用が認められて
いません。使用できる化学性薬品は炭酸ナトリウムか水酸化カルシウムです。

しかし、食感、食味ともにはっきり言って別物でありおいしくありません。
しかも薬品独特の味が風味を損ないます

そこで、こうした化学性の薬品に頼らず昔ながらのわら灰をつかった作りかたを、
80歳の
ベテランおばあさんに伝授いただき、感の部分を数値化しながら何度も
失敗してやっと納得のいく“
こんにゃく”ができあがりました。

食べ方は、もちろん生姜たまりでいただく“さしみこんにゃく”です。
手間がかかりすべて手づくりのためわずかな量しかできないので、少しお高い
ですが
味、食感ともに最高です。
希少なこんにゃくです。ぜひ一度味わっていただきたいです。
こんにゃくパッケージ 
写真で見るこんにゃくづくり

わら灰 わら灰汁汁 灰汁汁
 ワラを焼いて作ったワラ灰  熱湯で3回 漉す   漉してできた灰汁汁
カット 芋を茹でる 茹で3
  蒟蒻芋の皮を剥き、芽を取りカット    カットした芋を約20分茹でる    茹で上がり
ミキサー 練る2 計量1
 ミキサーにかける  灰汁汁を加え20ふんほど良く練る    170gを計量
成形 玉づくり 茹でる1
   一玉づつ成形します     丸く成形したこんにゃく    沸騰した鍋に入れて1時間茹でる
冷却 こんにゃく茹でる2 こんにゃく
 茹で上がったら水で冷却 きれいなプリプリのこんにゃく出来上がり  どうです  腰があり食味抜群 

 味のキメテはこんにゃく芋です 村で名人の松岡さんの3年生の芋に限定して仕入れしています。
松岡2 松岡さん

 

極上の天然しし肉 捕獲 ジビエシュラスコ オープンです^^

2015.12.05

冬の味覚 猟師肉料理「山立ち」オープンしてやっと極上のイノシシを捕獲できました。
今年は、イノシシが全く捕獲できず、これで2頭目です。1頭目も上質な脂身がありしし鍋を堪能していただいていますが、今回は、メスでさらに極上の肉質です。すべて、山立ちの捕獲は、くくりわなで捕獲して銃による刺し止めをして、その場で放血し鮮度を保って、その日の内に処理施設で解体しますので鮮度味ともに抜群です。

ジビエシュラスコの肉のかたまりを取るために、ブロックで仕入れて、茶の里工房でトリミングして炭火焼にします。肉は、鹿肉ともに中心温度まで熱を加えたローストビーフ風に仕上げていますので、そのままでも食べられる安全なものを表面を炭火で炙ってお客様の目の前で取り分けてお召し上がりいただきます。

これでイノシシ、鹿、豚、鶏のシュラスコ用に肉が全部用意できましたので、予約をお受けできます。
昼までの2時間前予約です。ぜひ、東白川村の野山を掛け育った野生獣肉の食べ比べと食べ放題をご堪能ください。
猪肉ブロック2 猪肉ブロック

どうです。この肉質 3歳ほどのメスです 脂ののりが最高です。 塩だけで焼いて試食をしたら柔らかくて臭みなど全くなく脂身も最高においしく まさに 極味です。
ロースは しし串にして焼いて食べていただきます よだれがでるほどおすすめです

ジビエシュラスコは、道の駅が栽培する有機野菜とその野菜を使った惣菜付きのサラダバーが付いて1800円はお得です。
もちろん、惣菜は無添加調味料を調理し、豚肉も鶏肉もEMを飼料に与えた無投薬育で育てた抜群の安心とおいしさが自慢の肉です。 
捕獲した獣肉のトレーサビリティーをQRコードでご覧いただけるようにします。
だれが、どこで、どのように捕獲したか、その個体はメスかオスか何才か、狩猟の種類は病気はなかった・・・・などが一目でご覧いただけます。ジビエ料理店では初めて試みかと思います。「安全な獣肉を最高の肉質で美味しく食べていただきたい」が山立ちのモットーです。 お越しを心からお待ちしております。

サラダバー3
サラダバー1 サラダバー2

有機野菜を使った惣菜 特にかぼちゃのペーストは最高です 
こんにゃくは、田舎の手づくりこんにゃくです。 

シュラスコ9名

 

 

冬期限定 狩猟肉料理「山立ち」オープン!!

2015.11.30

しし鍋ファーン待望の狩猟が解禁になりました。道の駅茶の里では、レストランの客席を増設しメニューも充実しました。ストーブはありますが、屋外テラスをビニールシートで囲っての客席ですので、少し寒いですが暖かい格好でお出掛けください。膝掛けもご用意しています。

山立屋外3  山立屋外2 山立サラダバー

2015_山立ち_パンフレット02-01
 2015_山立ち_パンフレット02-02

 

今年は暖冬? テラスにストーブ入れました

2015.11.22

今年も早 1ヶ月余りとなりました。いつもなら寒さが身に堪える時期なのに、
東白川村でも比較的気温が高く寒さを感じない日が続いています。
そんな中、店内のcafeとトイレをつなぐテラスに廃油ストーブを設置しました。
省エネでとても暖かいです。
ここ数日は、ストーブの暖かみをあまり感じないほど中途半端な気温のため、
スタッフからもあまり暖かくない・・と言われてしまいましたが、これからが
本領発揮です。 寒いのは、苦手ですが、あったかーいストーブに暖まり
ながら
本格的なジビエ料理を楽しみませんか・・
IMG_9795

15日狩猟解禁です 天然イノシシ捕獲待たれます^^

2015.11.15

27年度の狩猟が15日解禁となりました。
しし鍋ファーンの皆様には、待望の季節ですね。
これから1月くらいまでが脂がのり最高の肉質になります。
特にメスの2歳くらいまでが最上級です。
道の駅茶の里のレストランでは、登録猟師からこの最上級の肉に限定したしし鍋を期間限定で販売します。
DSC_9762
シカ肉についても同様な条件のシカが捕獲された場合のみ、仕入れて
シカすき鍋やシカ肉の麹串焼きなどの冬メニューがはじまります。

昨年好評であった天然しし肉とシカ肉、豚肉と鶏肉の食べ比べができる
狩猟獣肉のシュラスコ焼き食べ放題(サラダバー付き)は、
イノシシ、シカが捕獲され次第始めます。
シュラスコ9名屋外テラスを全面シートで囲みストーブを炊いて暖をとれるようにします。
11月21日狩猟肉料理 山立ち をオープンします。

IMG_9795ぜひお出掛けください

藁灰の灰汁汁使ったこんにゃくづくりを体験!

2015.11.15

11月14日白川町黒川のこんにゃくづくりの名人さんを訪ねて来ました。
手づくりこんにゃくで一般的使われる凝固剤は、精製ソーダです。モチモチ感と柔らかな食感、芋のほのかな風味が特長です。しかし、販売品には精製ソーダを使うことは出来ません。
保健所の許可が出ている製品は、炭酸ナトリウムと水酸化カルシウムの2種類です。

でも、どちらの製品を使っても精製ソーダで作ったような味にはなりません。
そこで、化学成分に頼らず昔ながらの藁灰の灰汁汁(あくじる)を使って作ってみようとチャレンジしましたが、湯がく段階で花になり溶けてしまいました。

そこで、昔から藁灰の灰汁でこんにゃくを作っているという名人81歳になる榊間さんを訪ねて、指導を受けてきました。出掛けたのは、東白川村の名人さんです。
まさに名人さんのコラボです。

手ほどきを受けて2時間 少し改良点はありましたが、しっかりとしたこんにゃくが出来上がりました。とても、色が良くコシがあり食感も良く、香りもあってとてもおいしいこんにゃくでした。大成功です。

ただ、おばあちゃんの作り方は、長年の感によるものであり、数値化してありません。
これを、コマ送りのように止めながら計量、計測してはそれなりにデータ化をできました。
いつでも、だれでも同じものが安定して作れることが、製造には最も重要です。

これをもとに、東白川村の名人さんの作り方をコラボして、東白川こんにゃくを完成させたいと思います。

ぜひお楽しみに・・・・^~^
IMG_9928 IMG_9930

 

 

10月24・25日の2日間 岐阜県農業フェスティバルへ出店!!

2015.10.24

新世紀工房茶蔵園さくらえんが今年も岐阜県農業フェスティバルへ出店します。
おなじみの上煎茶、煎茶、茎茶の詰め放題をはじめ、今年12月までの限定販売である
超お得な“農家のお茶”も販売します。

これからお茶の入り用な時期です。ぜひこの機会をお見逃しなくご利用ください。

期日 10月24日(土)・25日(日)
場所 岐阜県庁 岐阜県民体育館周辺

本日 東白川産松茸採れました!!

2015.10.14

今年最後かと思われる希少な松茸が出荷されました
まだ土から顔を覗かせていない状態で掘られたの最高品質の松茸です。
品薄となり町ではkg60000円のところもある中で、48,000円でg計算した価格で
D販売です。

とてもお得な産直価格となっています。是非お買い求めください。

店内レストランでは、
      東白川産松茸を使った土瓶蒸し   1200円 
             松茸ごはん 500円
で販売しています。
数に限りあります  「今年はまだ松茸を食べていない・・という方 
ぜひ、ご賞味ください   おすすめです

今日は秋晴れの快晴です お出掛けくださーい^^

2015.10.03

朝夕は肌寒いほど、日毎に深まりゆく秋を感じるこの頃ですね。
今年は、例年より早くこんにゃく芋が収穫でき出荷されています。
松茸も少ないですが、お目見えしています。香り抜群で甘みがあるのが、東白川松茸が
有名な証でもあります。

本当に美味しいんですよ 高価ですが、とても希少品ですので、ぜひ季節の旬の味覚を
味わってみてください。

東白川産コシヒカリの新米も出ています。甘みつやねばりもあり、とてもバランスのと
れたお米で美味しいと評判です。

どうぞ東白川村の深まる秋を食しにきてください。
お待ちしております。

ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright © 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村